TOP都屋について > 社長メッセージ

message

社長メッセージ

日本の伝統文化「和服」を通して
数々の感動シーンをお手伝いいたします。

これまで、大変多くの皆様と出逢い、ご縁を頂戴いたしました。
日本伝統の衣文化「和服」を通して、数々の感動シーンに立ち会い、
人との繋がりの大切さを実感しております。
特に、ご成人の振袖選びに際しまして、大切に育て上げ立派に成長し、
振袖姿に身を包まれたお嬢様のお姿に、ご両親の感動されているご様子を感じる時が、何より嬉しく、心温まる瞬間でございます。

私達はこのご縁を大切に、誠心誠意、お手伝いして参りました。

花いち都屋の創業は、昭和初期にまで遡ります。
京呉服の染物店から始め、常に北海道で最先端の京呉服を提供するきもの店として、70有余年、札幌・狸小路にて親しんでいただきました。

2016年、社長就任の年に移転し、狸小路1丁目に総本店を構えることと相成り、趣味のきもの『花いち都屋』5店舗から、振袖専門店『HANAICHI』2店舗、レンタルきものスタジオ、ネットきものショップまで、最新の和装文化をお伝えするアンテナショップとして、拡大して参りました。

昨今、札幌は外人観光客で埋め尽くされております。私共のお店にも沢山の外人のお客様がお見えになり、日本の伝統文化の素晴らしさを再評価いただいております。
一方で、小学校卒業式の袴姿も増え、晴れ着としてのきものの良さが皆様にも浸透して来ているもの、と実感しております。

お祖母さまからお母さま、娘さま、お孫さま、曾孫さまへと繋がっていく糸を、花いち都屋が紡いで参りたい、その想いを強く胸に秘め、日々、お客様をお迎えしております。

代表取締役社長  那須 健次